クレジットカード現金化を利用した場合の利率について

お金が無くなり、クレジットカードを使って現金化させるか、それとも消費者金融で現金化させるか迷う人は多いのではと思います。
そこで今回はクレジットカード現金化の利率に焦点をあてて、メリットやデメリットなどを説明させていただきます。

クレジットカード現金化と消費者金融

クレカ現金化を利用する人口は最近になって特に増えてきています。
急にお金が無くなればクレカを利用して換金率の高そうな商品を購入し、そのまま買い取り専門店で買い取って貰い、現金化させる流れはとてもシンプルで楽なやり方。
そこで昔なら消費者金融を利用するのが主流でしたが、何故これほどまでにクレカ現金化の人気が出てきたのかを説明します。
まず理由の一つとして、信用情報に傷がつかない。
消費者金融やクレカ現金化を利用する人とは、今だけお金に困っている人というより、多重債務で苦しんでいる人が多いです。
消費者金融の場合、審査を通過させるために借り手の素上などを確認した後、審査を通過するか否かが決定しますが、過去に遅延、滞納、ケースによってはブラックリストに載っている方はこれを通過することが出来ません。
その点クレカ現金化の場合、そのような審査も必要ないし、自分名義のクレカと身分証明書さえあれば現金化させることが可能です。
つまり面倒な手間や、審査を通過するか否か判らない消費者金融より負荷が掛からない点が、クレカ現金化を利用する人が増えた要因となるでしょう。

クレジットカード現金化の利率

お金を融資してもらう際、気になるのは利率です。
昔の消費者金融とはこの利率がグレーゾーンであったころから、今や過払い請求のCMを見た人はほとんどだと思います。
そこで現代の消費者金融の年利を調べると、18%ほどが一般的です。
そしてクレカ現金化を利用した場合の利率についてどうかというと、元金に対し、一日辺り概ね0.3~0.4%ぐらいの利率。
それが月にすると9%~10%程度。
これを年利にすれば、なんと100%は楽に超える結末で驚きです。
要は消費者金融と年利比率を比較すると6倍以上は高い訳です。
確かに現金化させるには、自分の信用に傷は付かないし、誰にも悟られず現金化できる便利なクレカ現金化ですが、この結果を聞くと少し考えてしまうところもあります。

クレジットカード現金化を利用する注意点

利率においては上記で説明したとおり、消費者金融でお金を借りた方が大変有利であることが判りました。
ただし、そうは言っても今すぐにお金の欲しい人、それから過去ブラックに載っている方で消費者金融の審査通過が困難と思われる方にとっては、やはりクレカの現金化は魅力的であるに違いありません。
そこでクレカ現金化を利用する際の注意点として、高額な現金化やその後の返済が長期化しそうな現金化の場合は避けて貰う方が賢明です。
対消費者金融の利率を見ても判りますが、長期化すればするほど、相当疲弊してくることは間違いありません。
つまりケースを考え、クレカ現金化の場合は短期的な出費用で捉え、決してその後のクレカ返済に遅延や滞納が発生しない程度で利用することがベストということを忘れない様にしてください。

クレジットカード現金化利率 まとめ

以上まとめになりますが、クレジットカードを利用した現金化は、消費者金融と比較してもかなり高いです。
ただどうしても現金の必要な時は誰しもあるはずですから、そんな時は短期間で返済可能な少額な現金用で利用する方がベストです。